Facebook、デフォルト開発環境としてVisual Studio Codeを採用

2019年11月22日 18:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 FacebookがMicrosoftのVisual Studio Code(VS Code)をデフォルトのソフトウェア開発環境にしたことを発表した(facebook for developersGIGAZINE)。

 Facebookでは今までvimやEmacs、そして「Nuclide」というAtomエディタベースの独自の開発環境が使われていたそうだ。しかしFacebookは2018年にNuclideのサポートを終了させ、VS Codeへの移行を推奨したという。

 VS Codeへの移行を決定的にしたのは、VS Codeの「Remote Development」機能の登場だそうだ。これによってより大規模で高速かつ目的に特化したハードウェア上での開発が容易になり、さらにプロジェクト毎に特化した環境を構築して使い分けるといったことも簡単にできるようになったという。

 また、FacebookはMicrosoftと協力してVS Codeの機能拡張を行うことも明らかにしている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | マイクロソフト | プログラミング | Facebook

 関連ストーリー:
Microsoftのマーケティング担当者曰く「Google開発者の過半数がVS Codeを使用している」、ただし根拠無し 2019年01月07日
アイコンをオレンジ色にリニューアルしたVisual Studio Code、批判殺到で元の色に戻る 2017年10月26日
Microsoft、新等幅フォント「Cascadia Code」をオープンソースで公開 2019年09月23日
Visual Studio Codeの公式snapパッケージが公開される 2019年04月09日
デバッグ作業などを複数の開発者が同時に操作できるVisual Studio Live Share発表 2017年11月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebookMicrosoft

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ホンダ「S2000」純正バーツ装着イメージ。(画像: ホンダアクセスの発表資料より)
  • 新型アコード。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース