チタン工業が逆行高、東芝とリチウム2次電池の特許取得と伝わる

2019年11月21日 11:17

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■11時を過ぎては15%高前後で売買され東証1部の値上がり率1位

 チタン工業<4098>(東1)は11月21日、急伸し、11時を過ぎても15%高の3013円(400円高)前後で売買され、東証1部の値上がり率1位に躍進している。東芝<6502>(東1)とともに、20日付で「チタンニオブ複合酸化物電極用活物質およびそれを用いたリチウム2次電池」の特許取得を発表したと伝えられている。東芝は全体相場の大幅安に押される格好で軟調。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08)
TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06)
テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング