新興市場銘柄ダイジェスト:トレードワークスは大幅に続伸、MDNTが大幅高

2019年11月19日 15:56

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:56JST 新興市場銘柄ダイジェスト:トレードワークスは大幅に続伸、MDNTが大幅高
<3984> ユーザーローカル 3900 +160
大幅続伸。28日から東証1部に上場市場が変更になると発表している。同社は東証から、8日に1部または2部に上場先を変更する旨の承認を受けていたが、1部に指定された。12月末からTOPIXの構成銘柄に組み入れられることから、パッシブファンドなどの需要を期待した買いが入っている。また、8日に公表した新株発行及び株式売り出しの発行価格と売出価格は3609円に決定した。

<3997> トレードワークス 1433 +180
大幅に続伸。法律相談AIチャットボットサービス「スマート法律相談」の提供を開始すると発表している。リーガルテックベンチャーのリーガル・テクノロジーズと法律相談・弁護士検索を自動化するAIチャットボットサービスに関する開発・実証実験を行っていた。トレードワークスは、複雑な話題であっても自然な会話を実現するための技術開発を行い、関連する特許の査定を受けている。

<6027> 弁護士コム 5580 +340
大幅に続伸。飲食店向け台帳サービスを手掛けるトレタと業務提携を開始したと発表している。トレタが開発・販売する飲食店向け予約・顧客台帳サービスは業界トップのシェアを獲得しており、飲食業界へ弁護士ドットコムの「クラウドサインNOW」の普及を目指す。「クラウドサインNOW」は、これまで紙で締結していた申込書や契約書をタブレットに置き換えて契約締結を行うことができるサービス。

<3653> モルフォ 2783 +10
大幅に3日続伸。AIコンサルティングサービスを手掛ける子会社を設立すると発表している。子会社の商号は「モルフォAIソリューションズ」で、モルフォが100%出資する。事業開始は12月の予定。画像に限らないデジタルデータの活用を可能にするコンサルティングサービス、システム構築等のトータルソリューションの提供を推進し、既存顧客との取引の拡大を図るとともに新規顧客開拓を加速させる。

<2370> MDNT 65 +2
大幅高。九州大学と慢性心不全治療に用いる再生医療等製品の実用化に向けた共同研究契約を締結したと発表している。国内の心不全の患者数は人口の高齢化や生活習慣病の増加、急性心筋梗塞に対する急性期治療の効果向上等により、将来的に心不全の患者数が増加すると見込まれているという。新薬開発への期待に加え、株価が一時的に200日移動平均線を上回ったことも買いにつながったようだ。《ST》

広告

財経アクセスランキング