18日のNY市場は上昇

2019年11月19日 07:07

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;28036.22;+31.33Nasdaq;8549.94;+9.11CME225;23395;-5(大証比)

[NY市場データ]

18日のNY市場は上昇。ダウ平均は31.33ドル高の28036.22、ナスダックは9.11ポイント高の8549.94で取引を終了した。米中交渉を巡る報道で売り買いが交錯し、寄り付き後はもみ合う展開となった。午後にかけて上昇に転じたものの、上値は限られた。セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や耐久消費財・アパレルが上昇する一方でエネルギーや自動車・自動車部品が下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比5円安の23395円。ADRの日本株はエーザイ<4523>、オムロン<6645>、ANA<9202>がしっかりな他は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、HOYA<7741>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル108.67円換算)で全般冴えない。《FA》

広告

財経アクセスランキング