NY株式:NYダウ31ドル高、米中交渉を注視

2019年11月19日 07:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:00JST NY株式:NYダウ31ドル高、米中交渉を注視
米国株式相場は上昇。ダウ平均は31.33ドル高の28036.22、ナスダックは9.11ポイント高の8549.94で取引を終了した。米中交渉を巡る報道で売り買いが交錯し、寄り付き後はもみ合う展開となった。午後にかけて上昇に転じたものの、上値は限られた。セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や耐久消費財・アパレルが上昇する一方でエネルギーや自動車・自動車部品が下落した。

配車サービス大手リフト(LYFT)は、競合のゲットがNY事業からの撤退を発表したほか、同社との提携を発表し上昇。旅行口コミサイトのトリップアドバイザー(TRIP)は、一部アナリストによる投資判断引き上げを受け堅調推移。一方で、PCメーカーのHP(HPQ)は、複写機のゼロックス(XRX)の買収提案を拒否し下落。クラウドアプリケーションを手掛けるワークデイ(WDAY)は、モルガンスタンレーによる目標株価引き下げにより売られた。

自動車大手のフォード(F)は、人気車種「マスタング」の電気自動車モデルを公開した。来年秋の発売となるが、テスラ(TSLA)との競合が予想される。

Horiko Capital Management LLC《FA》

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース