豪ドル週間見通し:弱含みか、豪中銀議事要旨で追加利下げの可能性探る

2019年11月16日 14:52

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:52JST 豪ドル週間見通し:弱含みか、豪中銀議事要旨で追加利下げの可能性探る
■弱含み、雇用情勢悪化で売り優勢に

先週の豪ドル・円は弱含み。米中通商協議での第1段階の合意形成への思惑は後退したことが嫌気された。また、10月雇用統計で失業率が上昇し、全体の雇用者数は減少したことから、豪準備銀行(中央銀行)による追加利下げ観測が浮上し、豪ドル売りが優勢となった。取引レンジ:73円36銭-75円00銭。

■弱含みか、豪中銀議事要旨で追加利下げの可能性探る

今週の豪ドル・円は弱含みか。豪準備銀行(中央銀行)が雇用情勢の改善を最優先課題としているなかで、10月雇用統計が悪化したことを受けて、追加利下げ観測が豪ドルへの売り圧力になる。豪準備銀行の11月理事会議事要旨で追加利下げの可能性が示される可能性がある。

○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・19日:豪準備銀行11月理事会議事要旨
・19日・ロウ豪準備銀行総裁講演

予想レンジ:72円50銭-75円00銭《FA》

広告

財経アクセスランキング