オオサンショウウオのぬいぐるみ約100体飾ったクリスマスツリー、京都水族館で

2019年11月15日 09:09

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 京都水族館に「オオサンショウウオツリー」が出現。京都水族館内の1階ミュージアムショップにて2019年12月25日(水)まで展示される。

 「オオサンショウウオツリー」は、世界最大の両生類といわれるオオサンショウウオのぬいぐるみ約100体を隙間なく飾ったユニークなクリスマスツリーだ。

 使用するぬいぐるみは、京都水族館内ミュージアムショップで販売するSからLLサイズ。1体1体に目を凝らすと、ヌメっとした皮膚のテカリや濡れ感など、まるで本物と見間違うほどリアルに再現されている。

 また、ツリーの展示開始と同日より、全長約130cmにも及ぶ「マフラー付きオオサンショウウオぬいぐるみ」も限定発売。首元に、オオサンショウウオや雪の結晶、クリスマスツリーといった冬のモチーフをあしらった深緑色のマフラーを巻いた特別デザインで、150個限定となっている。

【詳細】

■オオサンショウウオツリー

展示期間:2019年11月9日(土)~12月25日(水)
時間:11:00~18:00 ※季節により変動あり。
展示場所:京都水族館 1階ミュージアムショップ
住所:京都市下京区観喜寺町 35-1(梅小路公園内)

■マフラー付きオオサンショウウオぬいぐるみ

販売期間:2019年11月9日(土)
時間:11:00~ ※限定数に達し次第販売終了。
販売場所:ミュージアムショップ(限定100個))
販売価格:14,850円(税込)
※オンライン販売分は完売。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードクリスマス京都水族館

広告

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース