キュービーネットHDの第1四半期は、2桁増収大幅増益

2019年11月14日 16:18

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◇通期業績予想は、当初予想を据え置いているが、上振れる可能性が高い

 キュービーネットHD<6571>(東1)の第1四半期は、2桁増収大幅増益となった。

 第1四半期間の取り組みは、国内では東京・大阪・名古屋・福岡に続き、2019年7月に仙台にも教育研修施設を設けた。これにより、店舗スタッフを確保し、店舗拡大を進めた。また、国内は価格改定による増収を原資として、8月に店舗スタッフの待遇改善を実施した。7月には香港のQB HOUSE全店でも価格改定を実施しており、今後は国内同様に待遇及び労働環境の改善を進める。出店は、11店舗出店(国内7店舗、シンガポール2店舗、香港2店舗)した。また、改修等により9店舗閉店したことで、第1四半期末の店舗数は696店舗となった。

 その結果、20年6月期第1四半期連結業績は、売上収益56億84百万円(前年同期比11.6%増)、営業利益7億65百万円(同61.2%増)、税引前利益7億31百万円(同60.4%増)、純利益4億87百万円(同55.7%増)であった。

 今期第1四半期の営業利益率は13.46%、前年同期は9.33%であったことから利益率が大幅に改善している。

 まだ、第1四半期だということもあり、通期業績予想は、当初予想を据え置いているが、上振れる可能性が高いと思われる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】金価格関連株に注目、穴株は金庫株、メガバンク株は逆張りも一考の余地(2019/08/19)
【特集】「究極のディフェンシブ株」はこれだ!ラッキーセブン銘柄(2019/08/13)
【編集長の視点】JSSは反落も2ケタ増益転換の1Q業績見直しに2020東京五輪関連人気が加わり押し目買い妙味(2019/09/02)
【特集】「全米オープンテニス大会」と「ラグビー・ワールドカップ」のスポーツ・イベント関連銘柄を探る(2019/08/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース