ケアネット 3Q増収・2ケタ増益、医薬営業支援サービスが順調に推移

2019年11月14日 15:39

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:39JST ケアネット---3Q増収・2ケタ増益、医薬営業支援サービスが順調に推移
ケアネット<2150>は13日、2019年12月期第3四半期(19年1月-9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比4.7%増の21.46億円、営業利益が同26.1%増の3.98億円、経常利益が同33.2%増の3.88億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同37.8%増の2.48億円となった。

厚生労働省が策定した「医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン」が2019年4月に施行されたことに伴い、同社の主要な取引先において、審査及び新規案件の意思決定に若干の遅れが発生したが、当第3四半期の受注に対しては、回復基調にある。

医薬営業支援サービスの売上高は前年同期比5.8%増の18.58億円、営業利益は同27.0%増の9.32億円となった。既存サービスの販売体制強化などの取り組みを進めた。

医療コンテンツサービスの売上高は前年同期比1.5%減の2.87億円、営業利益は同41.1%減の0.60億円となった。医師向け教育コンテンツ「ケアネットDVD」及び「その他」の売上高は同16.1%減の1.02億円、医療教育動画サービス「Carene TV」の売上高は同8.9%増の1.85億円となった。

また、医師・医療従事者向け医療専門サイト「ケアネット・ドットコム(CareNet.com)」においては、医師会員獲得及び維持を目的に、前期に引き続き積極的に投資を行い、当第3四半期末の医師会員数は前年同四半期比6.1%増の15万1千人となった。

2019年12月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比6.8%増の31.00億円、営業利益が同6.5%増の5.00億円、経常利益が同10.6%増の4.82億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同10.9%増の2.92億円とする期初計画を据え置いている。《SF》

広告

広告

写真で見るニュース

  • マイナーチェンジされたC-HR(画像: トヨタ自動車の発表資料よより)
  • タイで観測されたふたご座流星群 (c) 123rf
  • twiice社の食べられるコーヒーカップ。(画像:ニュージーランド航空発表資料より)
  • DMMかりゆし水族館のイメージ(大和ハウス工業提供)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
 

広告

ピックアップ 注目ニュース