Mozilla、リモートコードを実行する拡張機能をブロックリストに追加

2019年11月8日 21:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Mozillaがリモートでコードを実行するようなFirefox拡張機能について、すべて禁止にする方針を示しているという(mozillaZine.jp)。

 すでに「Page Translator」や「Google Translate this page」、「Babelfox」、「Google Translate Element」、「Bridge Translate」といった拡張がインストールできない「不正な拡張機能」のブラックリストに追加されているという。

 Firefoxの「Add-on Policies」ではリモートコード実行を行ってはいけないと明示されており、このポリシーが厳格に適用されることになるようだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | Firefox | プライバシ

 関連ストーリー:
Mozilla、Firefoxでの拡張機能サイドローディングを廃止する計画 2019年11月03日
Firefox 71、17年以上前にリクエストされていたキオスクモード起動オプションを追加へ 2019年10月10日
Firefox Add-onサイト、大半の拡張機能に警告が表示される事態に 2019年09月09日
Mozilla、Firefoxの拡張機能全滅問題の修正時に収集したテレメトリーデータをすべて削除する計画 2019年05月11日
MozillaがFirefoxの拡張機能で難読化コードの使用禁止を発表した2日後、全拡張機能が動作しなくなるトラブルが発生 2019年05月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleFirefoxMozilla

広告

広告

写真で見るニュース

  • AIQの取り組み。(画像:AIQ発表資料より)
  • (画像: NTTドコモの発表資料より)
  • 「GLC350e 4MATICクーペ」(画像: メルセデス・ベンツ日本)
  • ホンダ・オデッセイ用のリアガーニッシュ(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース