iFixit、Surface Laptop 3は修理しやすさが従来モデルから大幅に改善と評価

2019年10月27日 15:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

iFixitの分解リポートでMicrosoftのSurface Laptop 3(15インチ/13.5インチ)が修理しやすさスコア10点満点中5点を獲得している(Microsoft Surface Laptop 3 (15-inch) TeardownMicrosoft Surface Laptop 3 (13.5-inch) TeardownThe Vergeの記事Ars Technicaの記事)。

10点満点中5点は決して高いスコアではないが、SurfaceシリーズのPCは修理しやすさスコア4点を獲得した初代Surface(RT)と5点を獲得したオールインワンのSurface Studioを除き、事実上修理不可能と評価されてきた。初代のSurface Laptopは修理しやすさスコア0点で2017年最悪のデバイスに選ばれており、Surface Laptop 2も0点だったことを考えれば大幅な改善といえる。

iFixitではケースを開くことも困難だった従来モデルとあまり違わないデザインのSurface Laptop 3の修理しやすさが大幅に改善することは期待していなかったようだ。しかし、これまで何もなかったゴム足の奥にはTorx Plusネジが隠されており、取り外してから爪を外すだけでキーボードを含むトップカバーを容易に開くことが可能だという。発表会ではパノス・パネイ氏がトップカバーを簡単に開いて見せていたが、トップカーバーの固定には磁石が併用されているようだ。トップカバーを外すとM.2 SSDが見えており、ネジを1本外すだけで交換できる。

一方、RAMはマザーボードに半田付けされているため交換・増設は不可能だ。ディスプレイユニットへのアクセスも容易だが、故障・破損時はユニット全体を交換する必要がある。多くのコンポーネントはモジュール式になっているが、複雑なレイヤー構造が作業を難しくしているという。低評価ポイントは従来モデルと同様にがっちりと接着されているバッテリーで、交換は非常に困難とのことだ。 

スラドのコメントを読む | モバイルセクション | ハードウェア | マイクロソフト | ノートPC | ハードウェアハック

 関連ストーリー:
iFixitにとって今年最悪のデバイスはSurface Laptop 2017年12月31日
iPhone 8/8 Plus分解リポート、ガラス製バックパネルの修理は非常に困難との評価 2017年09月26日
iFixit曰く、Essential Phoneを修理しようとすれば壊してしまう可能性が高い 2017年09月08日
Surface Proは事実上修理不可能との評価 2013年02月17日
新MacBook Proは分解が難しい構造、iFixit曰く「事実上修理不可能」 2012年06月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftSurfaceSSDiFixit

広告