タクシー配車アプリの「無断キャンセル」が問題に

2019年10月25日 09:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 タクシー配車アプリが普及しつつあるが、こういったアプリで多重予約や無断キャンセルが問題となっているという(乗りものニュース)。

 事例として挙げられているのは、複数のアプリで同時に配車を申し込んで最初に来たタクシーに乗ったり、予約しているにもかかわらず近くにいた別のタクシーに乗って他をキャンセルする、といったもの。

 予約を受けたタクシーは「迎車」状態になってほかの客を乗せられないためドライバーの損失になるだけでなく、ほかの客から見るとタクシーを捕まえにくい状態になってしまう。これらがきっかけでタクシードライバーの「アプリ離れ」が起こる可能性もあり、利便性が低下する可能性もあると指摘されている。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | 交通

 関連ストーリー:
利用者の位置情報を無断で取得していたとしてジャパンタクシーに行政指導 2019年03月26日
タクシー配車サービスを手がけるUber、距離以外の要因も考慮して請求する料金を変えるシステムを導入 2017年06月19日
国交省、スマートフォンを利用した「タクシー運賃事前確定サービス」の導入を検討中 2016年09月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告