政府、米国の月探査計画への参画を決定

2019年10月22日 18:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

AC0x01 曰く、 政府は18日に開催した第20回宇宙開発戦略本部会合で、米国が提案する月探査計画への参画を決定した(参画方針: PDF米国提案による国際宇宙探査について: PDFNHKニュースの記事soraeの記事)。

米国は2022年より月周回有人拠点(ゲートウェイ)の建設を開始し、2024年には有人月着陸を計画している。日本には昨年参画を提案していた。

宇宙開発戦略本部では以下の4点を協力項目としてまとめている。

  第1段階ゲートウェイへの我が国が強みを有する技術・機器の提供 
 HTV-X、H3によるゲートウェイへの物資・燃料補給 
  着陸地点の選定等に資する月面の各種データや技術の共有 
 月面探査を支える移動手段の開発 具体的な参画にあたり、日本人宇宙飛行士が活躍する機会の確保など、宇宙先進国としてのプレゼンスの確保を図ることが留意点の一つとして挙げられている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 日本 | JAXA | NASA |

 関連ストーリー:
NASA、インドの月探査機チャンドラヤーン2号着陸機を軌道上から確認できず 2019年09月29日
インドの月探査機チャンドラヤーン2号周回機、通信が途絶えた着陸機を軌道上から確認 2019年09月12日
ドナルド・トランプ米大統領、NASAは月へ行く話をすべきではないと意見する 2019年06月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ

広告

写真で見るニュース

  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース