Mozilla、クライアントサイドの機械翻訳機能をFirefoxに搭載する計画

2019年10月22日 18:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Mozillaではクライアントサイドの機械翻訳機能をFirefoxに搭載すべく、作業を進めているそうだ(MozillaWikiの更新情報gHacksの記事soeren-hentzschel.atの記事デモ動画)。

FirefoxにはGoogle翻訳などを使用するWebページ翻訳機能が搭載されており、about:configで設定を変更すればユーザーインターフェイスは表示されるようになるものの、翻訳自体は機能しない。

クライアントサイドの翻訳機能はEUのHorizon 2020による2年間の助成を受け、欧州の4大学とともにBergamotプロジェクトで開発が進められているものだ。クラウドベースの翻訳サービスに依存せず、ローカルで翻訳が完了するため、プライバシーに関連する情報や機密性のある情報の翻訳にも安心して利用できるという。先日、基本的な統合が完成したとのことで、Mozillaのドイツ語版ページを英語に翻訳するデモ動画が公開された。ユーザーインターフェイスは既存のものを使用しているようだ。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | Firefox | 人工知能 | デベロッパー | IT

 関連ストーリー:
Firefox 71、17年以上前にリクエストされていたキオスクモード起動オプションを追加へ 2019年10月10日
Firefox Nightly、デフォルトでTLS 1.0/1.1が無効化される 2019年10月01日
Mozilla、Firefoxのメジャーリリースサイクルを4週間に短縮する計画 2019年09月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleFirefoxMozilla