ダイエットブッチャースリムスキン、2020年春夏コレクション

2019年10月22日 09:46

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ダイエットブッチャースリムスキン(DIET BUTCHER SLIM SKIN)の2020年春夏コレクションが、2019年10月18日(金)、渋谷ヒカリエにて発表された。

■ファッションとアートの“共存”

 一時期は画家を目指していたというデザイナーの深民尚が今季目指したのは「アートと洋服の共存」だ。そうした関心のもと、深民自身の好奇心を駆り立てる2人のアーティスト、河村康輔とGUCCIMAZEの作品を、ストリート感あるウェアのなかへと住み込ませた。

 2人のアートワークは、ジャケット、シャツ、パンツ、シューズや小物まで、さまざまなアイテムに取り入れられた。その中で深民が気を遣ったのは、「着られるものである」ということ。洋服自体が「アート」となってしまうのではなく、気張らずに着てどこへでも出かけることができること。あくまで問題は両者の「共存」なのだ。

 だからこそ、ウェアのシルエット自体は軽やかでゆったりと。テロっとした質感のセットアップ、ノーカラーのブルゾンなど、どれもリラックス感あふれるシルエットだ。グラフィックが鮮烈でハードなぶん、それを支えるウェアには柔らかい雰囲気があふれ、両者のバランスを取っている。

 ヴィヴィッドなアートワークの取り入れ方はさまざま。クルーネックのニットには大胆にも一面に描かれるし、スポーティなブルゾンやロングコートのバックにも配される。プルオーバーやパンツに大胆な切り替えとしてあしらわれる。また、シンプルなシャツのショルダーにアクセントを添える。あるいは、コーディネートのポイントとして、落ち着いたスタイルの中にシューズやスカーフなどを通しても使われている。

 アートを身にまとって街へと出るという意識のゆえ、軽やかさの演出も随所に見られた。ブラックのシャツやスリムなショートパンツには、サイドにコードが垂れ下がり、歩みに合わせて軽快に揺れる。

 リズミカルにランウェイを進むモデルが手にするバッグにも注目。小型のクラッチバッグには、アートワークをプリント。また、ストラップの先に束ねられたポーチは、三角形や円形、四角形とかたちはさまざま。カラーもブラックのみならずブルーやイエロー、ピンクをポップに使い、軽やかでアクティブな雰囲気を高めている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード渋谷ヒカリエダイエットブッチャースリムスキン2020年春夏コレクション