ショーヘイ、2020年春夏コレクション発表 エレガンスの“狂い”を纏えるスポーティスタイル

2019年10月21日 17:17

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ショーヘイ(SHOHEI)の2020年春夏コレクションが、2019年10月18日(金)、東京・表参道のITH GALLERY Omotesandoにて発表された。

■静かに狂える心

 表参道の中、閑静な白い空間で発表された今季のコレクション。高機能ファブリックを得意とするショーヘイらしく、スポーティな素材を上品かつモードなスタイルへと仕上げるも、しかしそこにある種の“狂い”を含ませた。

 スポーティなファブリックは、もちろんアウトドアジャケットなどアクティブなウェアとして登場する。そこにエレガンスを加えるのは、薄いグリーンのロングシャツ。シースルーのファブリックが雨に濡れたように繊細であり、1本1本の繊維が光に揺らめき上品な光沢感を帯びる。

 しかしそこにあるのは洗練だけではない。ブラウスの袖先や胸元には帯のような布地が垂れ下がり、歩みに合わせて不穏に揺らめく。その後ろ姿を締め上げるコルセットは、そうした“狂い”を押し留めんとしているのだろうか。またスリムシルエットのパンツには、膝上にシャープなスリットが開けられ、ミニマルに“狂い”が姿を現している。

■非均一な染め模様

 ホワイトやネイビー、薄いベージュなど、カラーが概して控えめであったなか、非均一に染料で染められたウェアはひときわ鮮烈に現れた。シャツ全体を大胆に覆うことがあれば、袖先などのディテールにアクセントを加えもする。あるいは、ややリラックス感あるネイビーのセットアップスタイルのインナーで密かに主張する、ニットとしても使われた。

■上品さに添える非対称

 また、左右のアシンメトリーでも“狂い”が、あくまで静かに表現された。仕立ての上品なホワイトブラウスには、その片側だけに非均一な染めが配される。深いネイビーが上品なジャケットスタイルも、片方の肩を露出するよう荒く着こなしている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード2020年春夏コレクション

広告

広告

写真で見るニュース

  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース