HARE 2020年春夏メンズ・ウィメンズコレクション 日本の“ハレの日”に向けて

2019年10月20日 23:04

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 HARE(ハレ)の2020年春夏メンズ・ウィメンズコレクションが2019年10月17日(木)に渋谷ヒカリエにて発表された。

 今季のテーマは「ハレ(HARE)」。ブランド名にも重なる“ハレ”は、日本人の伝統的な世界観のひとつだ。そして、HAREが東京コレクションデビューシーズンでテーマに掲げた言葉でもある。

 日本における“ハレ”は、儀礼や祭など日常のうちの非日常を表す言葉だ。その言葉を再び登場させたのは、東京オリンピックの開催年である2020年、スポットライトを浴びる日本にとって特別な日が続く、すなわち“ハレの日”が続くことに対して、賞賛の意味もあるのだろう。

■“ハレの日”を目の前に、日本の文化に目を向ける

 “ハレの日”を目の前に、日本文化に改めて目を向けた。だからこそ、今回のショーは日本らしさが満載だ。

ウィメンズではトップスに帯のようなデザインをプラスしたり、メンズのオーバーコートには着物の袖のシルエットを取り入れたりと、和服のディテールが多用されている。ボトムスは袴やモンペ、クラシックなはずのジャケットはほのかに平面的で肩衣を想わせる。

 しかし、古いものをそのままではなく、あくまで新しいものに馴染ませるかたちで。着物独特の前合わせのディテールは、アシンメトリーのロングベストに名残を感じさせ、さらにプリーツやスリットが施されることで機能的で、モダンな動きを見せている。

■今と昔の融合で生み出す軽やかさ

 素材では、シアサッカーやオーガンジー、テクニカル素材など現代的なファブリックが軽やかさを生み出しているのが印象深い。春夏のアクティブな印象を促すメッシュの存在も目を引いた。もともと和服に使われる絞りのようなファブリックも混ざり合い、柔らかなジャケットやパンツに和の表情を浮かばせた。

 時折混ざる和の要素として、歌舞伎プリントが力強く配されている。また、それらを彩るカラーリングには、黒や白、さらに日本を想わせる朱などを交えながら表現。昔は高貴な色とされていた紫色は、今季のテーマを捉えるにふさわしい選択だ。

■“日本の文化”をモードに捉えたシューズやアクセサリー

 今季はコラボレーションも多彩。特に小物では、静岡の下駄メーカーである「みずとり」や、“ひらがな”をデザインに用いるアクセサリーブランド「ひらがな(Hiragana)」とコラボレーションしている。

シャークソールのウィメンズサンダルやビブラムソールのメンズスニーカーなど機能的なシューズがある一方で、視線を奪った「みずとり」とのコラボレーションによる下駄は、鼻緒に着物の残布を用いてサステナビリティも意識したという。HAREの提案するモダンなワードローブに馴染みつつ、温故知新をその1足で表現している。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションスニーカー渋谷ヒカリエHARE(ハレ)2020年春夏コレクション

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース