W杯効果でラグビー関連の仕事数急増、5年間で138倍に Indeed調査

2019年10月20日 10:25

小

中

大

印刷

 Indeed Japanがラグビーなどスポーツに関する仕事の調査結果を発表し、ワールドカップの開催効果もあってラクビー関連の仕事数や仕事検索数が急増したことが分かった。

【こちらも】ラグビー日本代表・田村優、実はエイベックス契約アスリート!8強進出に「最高」

■ラグビーの仕事検索数が63倍に

 17日、求人サイトなどを運営するIndeed Japanが「スポーツに関する仕事」の調査結果を発表した。これは2014年10月から19年9月までの5年間における各種スポーツに関する仕事検索数、仕事数の推移などを調べたもの。

 その中でも大きく伸びているラグビーでは、2014年10月時点における仕事検索数の数値を1としたところ、前回の2015年にイングランドでW杯が開催された時期には、日本チームが強豪国の南アフリカを破るなどして活躍したこともあってか3.6倍になり、現在W杯が日本で開催されていることもあって、19年6月には20.6倍、9月には63.6倍となっている。

■ラグビー仕事数は138倍に

 同様にラグビーに関連した仕事数も増加している。こちらも2014年10月を1とすると、2015年10月から微増の傾向が続き、15年11月には4.7倍となった。その後は増減を繰り返していたものの、19年の5月以降に急増し、6月には121.0倍となり、直近では7・8月とわずかに減少した後、9月には138.8倍にまで増加している。

 具体的な仕事としては、ラールドカップ会場における運営・受付スタッフの他、ラグビーデータ分析、ショップスタッフ、クラブハウスの調理師など多岐にわたった仕事があるとのこと。

■仕事検索数はテニスを抜いてトップに

 同様に他のスポーツ(バスケットボール、テニス、マラソン・ランニング、登山)と比較すると、これま仕事検索数で最も多かったテニスを9月に抜いてラグビーがトップになっている。以下は、テニス、登山、マラソン・ランニング、バスケットボールの順。

 ただし、ラグビーほどの急増ではないもののテニスや登山も2017年以降増加ペースにある。また、マラソン・ランニングは横ばい、バスケットボールは微増となっている。

■ラグビー関連の仕事は関東に集中

 ラグビーに関する仕事を都道府県別でみると、最も多かったのは東京都の27.2%。ついで、大阪府が21.6%、神奈川県が14.3%、兵庫県が8.7%、愛知県が5.3%、北海道が5.1%、大分県が3.7%、埼玉県が3.5%などとなっている。

 一方で仕事の募集地域では、東京都が37.7%、神奈川県が29.8%、埼玉県が14.9%、千葉県が7.7%、静岡県が2.9%、大阪府が1.5%、愛知県が1.2%となっており、関東に多いことが分かる。(記事:県田勢・記事一覧を見る

関連キーワードワールドカップ(W杯)ラグビー

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース