17日の中国本土市場概況:上海総合0.1%安で3日続落、指標発表前に買い手控え

2019年10月17日 16:55

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:55JST 17日の中国本土市場概況:上海総合0.1%安で3日続落、指標発表前に買い手控え
17日の中国本土市場は小幅に値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比1.38ポイント(0.05%)安の2977.33ポイントと3日続落した。上海A株指数も下落し、1.36ポイント(0.04%)安の3119.23ポイントで取引を終えている。

指標発表前に買い手控えムードが広がる流れ。中国ではあす18日、第3四半期GDP成長率と9月の各種経済指標(小売売上高や鉱工業生産など)がまとめて発表される。結果を見極めたいとするスタンスが強まった。米中対立激化の警戒感もくすぶる。米下院は15日、香港の自治を守る「香港人権・民主主義法案」を可決。中国側は法案可決を強く非難した上で、報復措置を導入すると反発している。また、米上院共和党の有力議員は16日、香港民主派の支援につながる「香港人権・民主主義法案」について、審議を迅速に進めるよう求めた。もっとも、下値は限定的。中国の政策に対する期待感が根強いなか、指数はプラス圏で推移する場面もみられた。

業種別では、不動産の下げが目立つ。華夏幸福(600340/SH)が1.2%安で引けた。自動車株も安い。上海汽車集団(600104/SH)が1.5%下落した。このほか海運株、医薬品株、資源・素材株、銀行・証券株も売られている。

半面、保険株はしっかり。中国平安保険(601318/SH)が1.3%上昇した。ハイテク株の一角も高い。産業向けIoT事業の富士康工業互聯網(601138/SH)が3.0%値上がりした。食品・飲料株、空運株、ガスや水道の公益株も買われている。

一方、外貨建てB株は値下がり。上海B株指数が2.95ポイント(1.09%)安の267.16ポイント、深センB株指数が2.38ポイント(0.26%)安の927.02ポイントで終了した。

【亜州IR】《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース