10月15日に地球に最接近した小惑星2019TA7とは

2019年10月16日 11:31

小

中

大

印刷

 2019年10月9日に発見された小惑星2019TA7は、直径約34mで小惑星というよりは宇宙空間を飛来する岩という表現のほうが実態に近い。この小惑星は厳密な分類ではアテン型小惑星に属するのだが、専門的過ぎてあまり聞き覚えのない言葉のため、少しだけ解説をしておくことにする。

【こちらも】9月9日に地球へ衝突する可能性があった小惑星 最新情報をESAが発表

 アテン型小惑星とは、地球に接近する軌道を有する小惑星の分類の1つで、1976年に発見された小惑星アテンが、その分類の第1号である。以後、これと似た軌道の小惑星がいくつも発見され、このような軌道を持つものをアテン型小惑星に分類することになった。

 小惑星といえば普通は、火星と木星の軌道の間にあるアステロイドベルトの中にあるとイメージしがちである。実際にアステロイドベルトには100万個以上の小惑星が存在しているのだが、アテン型小惑星はこれまでに1000個程度が発見されている。

 小惑星2019TA7は10月15日に地球からおよそ150万kmのところまで接近した。これは月までの距離の約4倍に相当する。IWAN(International Asteroid Warning Network)では、地球から750万km以内にある天体を潜在的な危険を持つ存在(PHA)として注視しているため、2019TA7も指名手配犯だったことになる。

 2019TA7の直径34mは、2013年にチェリャビンスクに落下した隕石と同クラスであり、地球に衝突していたら、被害は小さくはなかったであろう。ちなみにチェリャビンスク隕石では広い範囲にわたり、窓ガラスが破壊され、1000人以上の負傷者を出している。

 なお、2019TA7が前回地球に接近したのは、今から115年前の10月14日のことだった。もちろん当時の人類は、この小惑星の接近に全く気付くことはなかったであろう。この数日間における軌道を観測して推定された日付なのだが、今後は次回いつどのくらいまで地球に接近するのかも容易に計算が可能になることだろう。

 IWANによれば潜在的に危険を持つ天体PHAは、1935個が確認されており、監視を続けているが、最新の情報によれば、向こう100年間は、これらが地球に衝突する恐れはないとのことである。

 ただし、この情報で安心してはいけない。発見されていないPHAがまだまだたくさん存在している可能性もあるからだ。現に10月9日に2019TA7が発見されたばかりであるし、今後も続々と発見されてゆくことであろう。

 私たちが子供のころはある日突然、大きな隕石が地球を襲う懸念があったが、現在はIWANのような国際的組織がPHAを監視し、隕石落下予報が出せる体制が整いつつあることだけは確かである。アメリカ映画のディープインパクトのような現実が訪れないことを願いたいものだ。(記事:cedar3・記事一覧を見る

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース