NY原油:反落で53.59ドル、米中貿易協定の先行きに懐疑的見方&低調な中国指標で需要鈍化懸念

2019年10月15日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST NY原油:反落で53.59ドル、米中貿易協定の先行きに懐疑的見方&低調な中国指標で需要鈍化懸念
NY原油先物11月限は反落(NYMEX原油11月限終値:53.59↓1.11)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は前日比−1.11ドルの53.59ドルで通常取引を終えた。

先週部分的に合意した米中貿易協定で署名前に中国側がさらなる協議を求めてきたとの報道で先行きに懐疑的見方が広がったほか、中国の9月輸出入の指標が予想以上に悪化したため、需要鈍化懸念が再燃し、売りが優勢となった。《CS》

広告