ダイハツ、ドローンが発着可能な軽トラを開発

2019年10月14日 10:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 hylom曰く、

 ダイハツがドローンの発着プラットフォームとして利用できる軽トラックを開発したそうだ(レスポンスの記事AV Watchの記事)。

「農業Week / 次世代農業 EXPO 2019」で展示された車両は、農業向けドローンが発着できるようになっており、ドローンを使った農薬散布などの作業が行えるという。 次世代農業 EXPOに展示されたのはハイゼットの荷台を改造したもの。AV Watchの記事にある「Tsumu Tsumu」はまったく別のコンセプトカーで、東京モーターショーを皮切りに各地のモーターショーで展示される。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | テクノロジー | idle | 交通

 関連ストーリー:
日本のドローン規制、実質すべてのフライトで飛行情報の登録が義務付けへ 2019年07月30日
米連邦航空局、危険な武器をドローンに取り付けて飛ばさないよう注意喚起 2019年08月25日
トヨタ自動車、ダイハツ工業を完全子会社化 2016年02月01日
2018年・軽トラ販売台数トップはダイハツ・ハイゼット 2019年04月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドローンダイハツ工業コンセプトカー東京モーターショー

広告

財経アクセスランキング