京都・新風館跡地にアジア初進出「エースホテル」など新複合施設オープン

2019年10月12日 10:07

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 京都・新風館を再開発。日本初進出の「エースホテル」や、商業施設を含む複合施設が、2020年春にオープンする。

■京都の新たなランドマークに

 新たな複合施設は、「伝統と革新」という新風館のコンセプトを継承。“京都のランドマーク”となることを新たなコンセプトに掲げ、風格のある歴史的街並みを保存しながらも、街の賑わいと魅力を作る建物として運営していく。

■建築デザイン監修は隈研吾

 建物の建築デザイン監修は、隈研吾建築都市設計事務所が担当。地域とホテル、そして現代と過去が繋がるよう、地域や伝統に呼応した素材やディテールを駆使して建物を作っていく。外観にはルーバーや木組みを多用し、京都の街の景観との調和を図る。

■フロア構成

■回遊しやすい設計に

 新たに、地下2階で地下鉄烏丸御池駅と直結。また、1階には地域に開放される中庭を中心に、烏丸通から東洞院通を繋ぎショップが連なる通路や、姉小路通への通路を設け、より街歩きしやすい構造を作る。

■新築棟と旧京都中央電話局の既存棟

 また、新施設は、既存棟と新築棟から構成される。新築棟には、地下1階から地上1階に飲食・物販店を導入し、2階から7階に「エースホテル」を開業。烏丸通に面した既存棟の旧京都中央電話局は、1階を商業施設とし、2階及び3階はホテルの客室に。建物はそのままに、リノベーションを行う。

■エースホテル京都

 「エースホテル」は、世界中にファンを持つホテルで、今回の京都出店が日本初進出、さらにはアジア初進出となる。アメリカ・シアトルが「エースホテル」発祥の地であり、アメリカやイギリスにおいて9ホテルを運営している。

 地域性を取り入れ、ロケーションごとに遊び心のあるユニークなデザインを施している点が「エースホテル」の特徴。地域コミュニティや周辺企業ともコラボレーションし、各地で新たな文化発信の拠点となっている。また、宿泊者だけでなく、地元の人々も集うことができるようなコミュニティー作り、地域活性化にも貢献している。

「エースホテル京都」のインテリアは、他の「エースホテル」のインテリアも多く手掛ける「コミューン・デザイン」がデザインを担当。「アートや伝統工芸を通した西洋と東洋の交流」をコンセプトに、地元の職人やアーティストとともに空間を作り上げていく。

■詳細

 新風館再開発 複合施設
オープン時期:2020年春
所在地:京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2外
敷地面積:6,384.73平方メートル
出店:エースホテル京都、店舗
フロア:地下2階/地上7階
建物高さ:約31メートル
延床面積:25,677平方メートル(予定)
ホテル客室:213室(予定)
店舗面積:約2,300平方メートル(B1及び1F、予定)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーション隈研吾

広告

写真で見るニュース

  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
  • 新型Audi A1 Sportback(写真:アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース