NICT、「毎秒1ペタビット」光通信のスイッチング実験成功 世界最大容量

2019年10月12日 20:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 情報通信研究機構が、毎秒1ペタビットの光パスのスイッチング実験に成功したと発表したPC Watch)。

 実験では毎秒1ペタビット光パスのスイッチングだけでなく、冗長構成での毎秒1ペタビット光パスの運用系と予備系のスイッチングや、容量の異なる経路への分岐なども行われた。光ファイバーによる伝送では毎秒10テラビットのデータ転送の実用化が進んでいるが、今回実験に成功した技術を活用することでその100倍の帯域の光ネットワークを構築できるという。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | ネットワーク

 関連ストーリー:
格闘ゲーム愛好家ら、「光は遅すぎる」と主張 2017年04月12日
NTTが250Gbpsでの短距離光伝送を行える技術を開発 2016年09月29日
「石英ならではの透明感」を実現したという、「純石英を使った」光デジタルケーブル 2016年09月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード情報通信研究機構(NICT)

広告