IntelのAMD GPU内蔵Kaby Lake-G、終了へ ドライバは製品発売から5年間サポート

2019年10月12日 20:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 2018年にIntelが発売した、AMDのRadeon GPUを統合したCoreプロセッサ製品群の生産終了が発表された。出荷は2020年7月30日で終了する。

 このGPUに対応したグラフィックドライバはIntelからのみ提供されているが、同社は標準ポリシーに従って製品の発売から5年間のサポートを行うという(PCWORLDEngadgetSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ハードウェア | OS | ソフトウェア | Intel | AMD

 関連ストーリー:
RADEON GPUを搭載した「Kaby Lake G」搭載のNUC、店頭販売開始 2018年05月24日
Intel、Radeon GPUを統合したCoreプロセッサの詳細を公開 2018年01月09日
Intel、Radeon GPU内蔵Coreプロセッサを発表 2017年11月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIntel

広告