米朝プロセスをしっかり後押しする 河野防衛相

2019年10月10日 09:10

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 河野太郎防衛大臣は7日の記者会見で5日の米朝協議後に北朝鮮が「協議決裂」といい、米国側は「北朝鮮の主張は事実を反映していない」と反論していることへの受け止めについて「アメリカ側から説明をいただいているところだが、米朝プロセスをしっかり後押ししていきたい」と語った。

 また北朝鮮がICBMや核実験再開に言及していることについて、河野大臣は「短距離ミサイルであっても安保理決議に違反をしている訳だから、北朝鮮としては安保理決議に違反をする状況をつくらず、また、国際社会としては安保理決議に則った経済制裁をしっかりと北朝鮮のCVID達成までやっていけるように連携していきたい」と述べた。

 また北朝鮮が2日に発射した弾道ミサイルについて自民党の部会では、防衛省側が今回のSLBMの発射は、潜水艦からではなく、海中の発射装置から発射された可能性が高いと説明したようだが、との記者団の問いに、河野大臣は「水中の発射装置のようなものからの発射の可能性もある、という説明をしたのではないか。分析途上だ」とした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
日米防衛相電話会談、日米韓連携重要とやり取り
石油、200日分超備蓄あり、当面心配いらない
日本関連船舶を狙ったものでないだろう 防衛相
日米韓しっかり連携が大事 河野防衛大臣
安倍第4次再改造内閣「右傾化が一層顕在化」

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード防衛省アメリカ北朝鮮弾道ミサイル河野太郎

広告

写真で見るニュース

  • TORANOTECによる発表の様子。(TORANOTECの発表資料より)
  • マツダ100th Anniv.カフェタンブラー(画像: MZRacingの発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「マグネター」のイメージ。(c) CSIRO
  • (c) 123rf
  • (c) 123rf
  • 室内で新型コロナウイルスを含んだ飛沫核が移動する様子(上)と換気によって飛沫核の拡散が防げる様子(下)(画像:クイーンズランド工科大学の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース