トキソプラズマを駆逐する新たな化合物を発見 帯広畜産大などの研究

2019年10月8日 08:13

小

中

大

印刷

トキソプラズマの電子顕微鏡像。MCFの添加により原虫の死滅が確認された。(画像:帯広畜産大学発表資料より)

トキソプラズマの電子顕微鏡像。MCFの添加により原虫の死滅が確認された。(画像:帯広畜産大学発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ヒトに感染する原虫トキソプラズマの治療薬になりうる化合物が発見された。帯広畜産大学原虫病研究センター西川義文教授、微生物化学研究所の二瓶浩一上級研究員、飯島正富上級研究員らの研究グループによるものである。

【こちらも】阪大、トキソプラズマが宿主の身体を乗っ取るメカニズムを明らかに

 トキソプラズマは、ほぼすべての哺乳類と鳥類に感染する能力を持った寄生性原生生物である。あらゆる原虫の中でもっとも感染者数が多いもので、その数は全人類の3分の1ほどに及ぶと考えられている。日本でも国民の2割ほどが常時感染している。ただし、一度感染すると抗体ができる。

 ヒトの場合一般の健常者ではほとんど症状などは出ないのだが、HIVなどの免疫疾患の患者にはトキソプラズマ性脳炎などの重篤な症状をもたらすほか、特に知られているのが妊婦への害である。

 妊娠中の女性がトキソプラズマに感染すると、先天性トキソプラズマ症によって死産、流産、産児の精神遅滞、視力障害、脳性麻痺などがもたらされることがある。この疾患の感染者は、日本国内で年間数百人程度と推計されている。

 トキソプラズマの治療薬は既に2つほど開発されており、パラアミノ安息香酸や葉酸の代謝を阻害することで効果を発揮するのだが、副作用が大きいという問題がある。そこで、新しい治療薬が求められていた。

 今回発見された化合物は、Metacytofilin(MCF)という。メタリジウムという菌類から分離・精製されたもので、細胞内に寄生するトキソプラズマだけでなく、細胞外で生存するトキソプラズマに対しても殺滅作用を発揮するという。

 詳しく分析したところ、MCFは直接トキソプラズマ原虫の代謝に作用し、効果を発揮していたとのことである。

 研究の詳細は、アメリカの科学誌The Journal of Infectious Diseasesのオンライン版で公開されている。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワード帯広畜産大学

広告

写真で見るニュース

  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース