Core Xシリーズプロセッサ新モデル発表、前モデルから大幅に値下げ

2019年10月5日 09:24

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Intelが「Core X」シリーズプロセッサの新モデルを発表した(PC Watch北森瓦版ComputerWorld)。

 発表されたのは下記の4モデルで、TDPはいずれも165W。

 Core i9-10980XE(18コア/36スレッド、ベースクロック3GHz、979ドル)Core i9-10940X(14コア/28スレッド、ベースクロック3.3GHz、784ドル)Core i9-10920X(12コア/24スレッド、ベースクロック3.5GHz、689ドル)Core i9-10900X(10コア/20スレッド、ベースクロック3.7GHz、590ドル) 基本的なスペックは昨年発表されたCore X 9000シリーズを踏襲しているが、価格は同等スペックの9000シリーズと比べて半分近くになっている。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | Intel

 関連ストーリー:
AMD、第3世代RyzenとRadeon RX 5700シリーズを発表 2019年05月28日
Core i9-9900Kのベンチマーク解禁、性能面ではRyzen 7最上位モデルを圧倒 2018年10月22日
Intel、Core i9など新プロセッサを発表、ただしメディアに対しては一定期間ベンチマークテスト結果公開を禁じる 2018年10月12日
AMD、第2世代「Ryzen Threadripper」シリーズを発表。12コアが$649、32コアが$1799 2018年08月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIntel

広告