トヨタ、米テキサス州で重点的投資 サンアントニオ工場に4億ドル

2019年9月24日 09:21

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

トヨタは、米テキサス州サンアントニオ市で「タンドラ」「タコマ」を生産する写真のテキサス工場に、2021年までに新たに4 億ドルを投資すると発表した。グループのアイシンAWも同州に新工場を建設する

トヨタは、米テキサス州サンアントニオ市で「タンドラ」「タコマ」を生産する写真のテキサス工場に、2021年までに新たに4 億ドルを投資すると発表した。グループのアイシンAWも同州に新工場を建設する[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタ自動車は、米テキサス州サンアントニオ市でピックアップトラックの「タンドラ」「タコマ」を生産するToyota Motor Manufacturing, Texas, Inc.(TMMTX)において、2021年にかけて、約4 億ドルを投資するとした計画を発表した。

 今回の投資は、ライトトラックへの旺盛な需要が続く米国市場環境を見据えたうえで、トラック生産工場であるTMMTXの中長期的な競争力向上を目指し、新しい生産設備の導入など工場の刷新を進めるための施策だという。

 なお、今回発表した投資は、2017年1月および2019年3月に公表した、2017年から2021年までの5 年間で約130 億ドルを米国内で投資する計画の一環だ。

 また、トヨタによるTMMTX への投資とは別に、トヨタグループのアイシン・エィ・ダブリュ(AW)も同日、2019年4月に発表した米国における新たな生産拠点を、テキサス州シボロ市に建設することを発表した。新工場建設に伴い、同社は2023 年までの5年間で、約4億ドルを上限とする投資と、約900名の新規雇用を予定する。

 テキサス州のグレッグ・アボット(Gregg Abbott)知事は、「テキサス州は、トヨタやAWのような革新的な企業からの投資により、製造業に優れる州としての地位を高め続けています。両社がサンアントニオ地域に合計約8 億ドルの投資を行なうことは、テキサス州の比類なき労働力や、過度な政府規制や税制のない事業環境を作り上げるために州として取り組んできたことを証明するものです。トヨタとAWが、テキサス州に多くの雇用をもたらすことに感謝しています。そして、既に強力な私たちのパートナーシップをさらに強固にしていけることを楽しみにしています」と述べたという。

 Toyota Motor North America のExecutive Vice President でChief Administrative Officerを務めるクリス・レイノルズ(Chris Reynolds)氏は、「私たちは60年以上にわたる米国での歴史を通じて、大きなバリューチェーンを生み出し、テキサス州においても2003 年より生産事業を拡充してきました。トヨタは、米国における10の工場、1500の販売店ネットワーク、そして広範囲にわたるサプライチェーンやその他のオペレーションにより、直接・間接含めて47.5万人以上の雇用を生み出しており、今後も米国事業への投資を続けていきます」とコメントを寄せた。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
ダイハツ、オートサロンで公開されたコペンのGRスポーツ版がいよいよ正式販売か?
車の電装化の課題は省電力、省スペース。最新ダイオードに垣間見える、日本企業最大の強み
2035年の市場が58倍? マイルドハイブリッドは日本の自動車産業の救世主となるか
高齢者ドライバーの重大交通事故軽減を狙った「限定免許」、2021年実施か
トヨタとスズキ、自動運転を含めた提携関係構築推進を目指し、資本提携発表

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車アメリカピックアップトラックタコマ

関連記事

広告

財経アクセスランキング