Mozilla、Firefoxのメジャーリリースサイクルを4週間に短縮する計画

2019年9月19日 12:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 Mozillaは17日、Firefoxのメジャーリリースサイクルを2020年第1四半期以降は4週間に短縮する計画を発表した(Mozilla HacksPhoronix)。

 現在は6週間~8週間おきにリリースされているFirefoxのメジャーバージョンだが、この数年はプリリリースチャンネルを利用した段階的なリリースにより、新機能のテストと安定化を図ったうえで一般リリースできるようになっているという。リリースサイクルを4週間に短縮することで、新機能の迅速な投入が可能となる。

 リリースサイクルの短縮は今年12月のFirefox 71から始まり、2月のFirefox 73までは5週間おき、以降は4週間おきのリリースとなる。これに先立ってFirefox 69と70のリリース間隔は7週間、Firefox 70と71のリリース間隔は6週間に設定されている。Firefox ESRのリリース間隔に変更はないとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Firefox | Mozilla | インターネット | デベロッパー

 関連ストーリー:
Firefox 69.0リリース、「サードパーティのトラッカーCookie」のブロッキングが全ユーザーのデフォルトで有効に 2019年09月07日
Mozilla、GeckoViewを使用したAndroid版Firefoxのプレビュー版をリリース 2019年06月30日
Firefoxにゼロデイ脆弱性、修正版が1日おきにリリースされる 2019年06月22日
Mozilla、令和に対応したFirefox 67.0などをリリース 2019年05月23日
Firefox 66.0.4 リリース、拡張機能全滅問題を修正 2019年05月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFirefoxMozilla

広告