石油備蓄、200日分超 当面心配いらない 河野防衛相

2019年9月19日 11:58

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 河野太郎防衛大臣は17日の記者会見で、石油について「わが国には200日分を超える備蓄があるので当面の心配はいらないと思っている」と語った。

 そのうえで、河野大臣は「エネルギーの安全保障に関することなので、防衛省としては情報収集に努めていきたい。イラン、ヨーロッパと続けてきた外交努力をしっかり続けていかなければならないと思っている。政府一丸で対応する」とした。

 またサウジアラビアでの石油プラント攻撃にドローンや巡行ミサイルの使用が言われていることについて「今、何が起きているのか、しっかり把握するように努めている」とした。

 また、宇宙の分野について、河野大臣は「宇宙の分野でも専守防衛という考え方に変わりはない」とした。それとは別に「宇宙ゴミが急速に増えている状況で、様々人工衛星にも害が及びかねない。デブリ除去等をどうするか、日本も色んなところが様々開発している。日本の技術で宇宙の平和に寄与できる部分はあるので、そういうところは積極的にやっていく必要があろうかと思う」と述べた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
2020年「省エネ住宅義務化」指針を撤回、国が“省エネ、「やめた」と決めた理由
産業機械受注、内需・外需ともに好調続く。~日本産業機械工業会
企業業績、高い伸びを維持。利益、設備投資2桁の高い伸び。製造業が牽引

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード防衛省安全保障ドローンサウジアラビア河野太郎

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース