東京五輪の暑さ対策として検討の人工降雪、実際に実験が行われる

2019年9月15日 17:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

東京オリンピック・パラリンピックで暑さ対策の一つとして検討されている降雪機による人工降雪について組織委員会は13日、海の森水上競技場 (江東区青海)で実際に実験を行ったそうだ(TOKYO Webの記事デイリースポーツ onlineの記事FNN.jp プライムオンラインの記事時事ドットコムの記事)。

これについて Bill Hates曰く、 カヌーやボート競技が行われる海の森水上競技場の観客席に降雪機で人工雪を5分間降らせるテストを行ったところ気温は下がらず、溶けた雪で衣服や席が濡れてしまったという。

なお気象庁のデータによれば実験が行われた13日午前、江戸川臨海(編注: 会場から11kmほどの距離にある最も近い気象観測所)の気温は最高でも23.0℃。競技日程ではボートが7月24日〜31日まで、カヌーは7月26日〜31日と8月3日~8日に予定されており、今年の7月および8月のデータで同期間の最高気温29.2〜33.8度と比べると6〜10度低かったようである。

 また、Anonymous Coward曰く、

 メディアによって表現に揺れがあるが、概ね、気温や暑さ指数には変化がなかったという部分では一致している。熱中症者を減らす効果はなさそうだ。

 ちなみに使用した氷は300kgとのことで、少なすぎる気がしないでもない。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | スラッシュバック | スポーツ

 関連ストーリー:
東京五輪の暑さ対策として人工降雪が検討される 2019年09月05日
IOC、東京五輪は高温高湿度環境下で行われるとして選手に対策を求める 2019年08月23日
東京五輪・オープンウォータースイミングおよびトライアスロン会場の水質に懸念 2019年08月14日
暑さ対策のための散水、路面温度は低下するが暑さ指数としては軽微な効果しか見られず 2018年10月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京オリンピック熱中症

広告