ホンダ、量産EV「Honda e」を公開 ハイブリッドを2モーター式に統一

2019年9月13日 09:32

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

フランクフルトモーターショーで展示したホンダ製電気自動車「Honda e」量産モデル。航続距離はWLTPモードで200km以上、30分で80%まで充電する急速充電にも対応した都市型コミューターだ

フランクフルトモーターショーで展示したホンダ製電気自動車「Honda e」量産モデル。航続距離はWLTPモードで200km以上、30分で80%まで充電する急速充電にも対応した都市型コミューターだ[写真拡大]

写真の拡大

 ホンダは、独フランクフルトで9月10日から開催している「2019年フランクフルトモーターショー」(一般公開日:9月12日~22日)において、欧州における電動化ビジネスの展開について発表した。

 それによると、欧州で販売するすべてのホンダ四輪商品を2025年までに電動車両に置き換えるとしている。そのため、2019年初頭に「CR-V HYBRID」の販売を開始し、同年3月のジュネーブモーターショーでピュア電気自動車「Honda e(ホンダ・イー)プロトタイプ」を世界初公開した。

 また、今後欧州にて投入予定の「Jazz(日本名フィット)」は、すべてホンダ独自の2モーターハイブリッドシステム「i-MMD」(intelligent Multi-Mode Drive)を搭載したモデルに統一し、ワンモーターハイブリッドと訣別、四輪商品の電動化を加速させるという。同時にエネルギーマネジメント事業に関しても欧州での環境対応を強め、電動モビリティとエネルギーサービスを繋げる取り組みを進めるとした。

 フランクフルトモーターショーでホンダブースのメイン車種は、「Honda e」量産モデルだ。街中での取り回しの良さと力強いモーター・後輪駆動による走りの楽しさを実現したHonda e量産モデルの世界初公開である。EV走行距離はWLTPモードで200km以上を達成し、30分で80%まで充電する急速充電にも対応した、都市型コミューターによる使い勝手も考慮した性能としている。

 エクステリアは継ぎ目がない滑らかなデザインとし、ポップアウトドアハンドルやサイドカメラミラーシステムを採用しています。

 インテリアはラウンジのようなシンプルな空間をイメージし、直感的に使いやすい2画面の大型タッチパネルモニターを搭載した。また先進のAIを用いたコネクテッド技術による「Honda Personal Assistant」でユーザーの都市型ライフスタイルとクルマをシームレスに繋がる。

 「Honda e」はドイツ、イギリス、フランス、ノルウェーで既に先行予約を開始しており、2020年初夏より順次デリバリーを開始する。

 すでにホンダは欧州のEVユーザーと、電力サービス事業者の双方に向けた総合的なエネルギーマネジメントソリューションの提供を目指し、2017年のフランクフルトモーターショーで充電・給電を可能にする「Honda Power Manager Concept(パワーマネージャーコンセプト)」を発表している。

 このエネルギーマネジメント事業における最初のステップとして2020年の「Honda e」納車に合わせ、単方向充電器を通じたソリューション事業を開始します。また、双方向充電器を通じたEVユーザーと電力サービス事業者の間で電気を融通しあう双方向のソリューション事業も2020年代前半に開始をする予定だ。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
アウディ、フランクフルトで5シータースポーツ「Audi RS 7 Sportback」を初公開
VW初の量産EV、 MEBで開発した最初のモデル、「ID.3」フランクフルトで発表
2035年の市場が58倍? マイルドハイブリッドは日本の自動車産業の救世主となるか

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード本田技研工業ハイブリッド車電気自動車フィット(小型車)CR-V

広告

広告