カプコン、ゲーム関連特許侵害訴訟でコーエーテクモゲームスに勝訴

2019年9月12日 18:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 カプコンは2014年、ゲーム関連の特許を巡ってコーエーテクモゲームスに対し裁判を起こしていたが(過去記事)、この裁判の二審で知的財産高等裁判所がカプコンの主張を認め、コーエーテクモゲームスに対し1億5,691万3,710円(弁護士費用等1,307万円を含む)の支払いを命じた(GAME Watchカプコンの発表コーエーテクモゲームスの発表)。

 問題となっているのは、続編ものゲームで前作タイトルのメディアを読み込ませると追加コンテンツがアンロックされるという特許(特許第3350773号)と、コントローラーの振動で敵の存在を知らせるという特許(特許第3295771号)。一審の大阪地裁(2017年の記事)では前者について特許無効との判断になっていたが、二審では「製品の一部は非侵害」と判断されたとのこと。

 なお、これらの特許はすでに存続期間が満了している。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | パテント | ゲーム

 関連ストーリー:
カプコンが特許侵害としてコーエーを訴えていた裁判、裁判所は一部侵害を認める 2017年12月15日
カプコン、特許権侵害でコーエーテクモゲームスを提訴 2014年08月27日
beatmaniaの特許、失効 2018年08月01日
任天堂、特許権を侵害しているとしてコロプラを提訴。「白猫プロジェクト」の提供差し止めも請求 2018年01月10日
コナミの「壁の透過表示」特許の存続期間が終了 2016年05月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードカプコン特許コーエーテクモゲームス

広告