NY株式:NYダウ227ドル高、ハイテク株に買いが広がる

2019年9月12日 07:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:00JST NY株式:NYダウ227ドル高、ハイテク株に買いが広がる
米国株式相場は上昇。ダウ平均は227.61ドル高の27137.04、ナスダックは85.52ポイント高の8169.68で取引を終了した。中国が昨年に導入した追加関税からの除外品目を発表したものの、トランプ政権にとって重要な農産品が含まれなかった。明日の欧州中央銀行(ECB)理事会での金融政策発表を見極めたいとの思惑もあり、寄り付き後は小動き。その後は、昨日に新製品・新サービスを発表したアップル(AAPL)などハイテク銘柄に買いが広がり、堅調推移となった。セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や電気通信サービスが上昇する一方で食品・生活必需品小売や商業・専門サービスが下落した。

半導体のマイクロン・テクノロジー(MU)は、一部アナリストによる投資判断引き上げを受け上昇。航空機大手のボーイング(BA)は、マレンバーグCEOが第4四半期での「737 MAX」の運航再開に言及し堅調推移。配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズ(UBER)及びリフト(LYFT)は、カリフォルニア州が両社のドライバーを正規従業員として雇用することを義務付ける雇用法案の実施を進めているものの、同州知事が交渉継続の意向を示し、ともに買われた。一方で、ビデオゲーム小売のゲームストップ(GME)は、決算で赤字幅が予想より拡大したほか、軟調な業績見通しが嫌気され大幅下落となった。

原油価格下落の影響により米シェール業界では多くの企業がコスト削減を進めており、来年の同業界の支出は6%減少することが予想されている。

Horiko Capital Management LLC《FA》

広告