「からかい上手の高木さん」がVRアニメに 小学館がクラウドファンディングも

2019年9月5日 12:08

小

中

大

印刷

VRアニメが製作される「からかい上手の高木さん」(画像:小学館の発表資料より)

VRアニメが製作される「からかい上手の高木さん」(画像:小学館の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 漫画雑誌「月刊少年サンデー」で連載中の人気漫画「からかい上手の高木さん」(山本崇一朗)を原作とするVRアニメーションが製作されることになり、小学館は4日、アニメの製作資金にあてるためクラウドファンディングを開始した。主人公の男子中学生が、クラスメートの女子生徒になにかとからかわれる青春漫画で、VRアニメでは主人公の目線でからかいを疑似体験できる。

【こちらも】アニメファンが選ぶ「2018年もっとも魅力的だったアニメキャラ」TOP20!

 「からかい上手の高木さん」は2012年6月に連載開始。主人公の「西片」が隣の席の「高木さん」にからかわれ、仕返ししようとするもいつも見破られてしまうという青春ラブコメディー。高木さんの思わせぶりなからかいに、思わずうろたえる西片の姿が人気となり、現在、コミックが11巻まで発売されテレビアニメ化もされている。

 今回製作されるVRアニメは、ゴーグル型のVR体験装置「オキュラスクエスト」用のコンテンツ。西片の視点で、高木さんと並んで学校から帰宅したり、海で一緒に遊んだりといった体験を楽しめ、公開は2019年12月の予定。小学館の雑誌に連載されている漫画がVRアニメになるのは初めてだという。

 小学館ではアニメ制作費の一部にあてるため、4日からクラウドファンディングサイト「Makuake」で支援金の募集を開始した。期間は10月30日まで、目標は1500万円。

 支援者には金額に応じて返礼品が送られ、1000円の支援者には、高木さんからのテキストメッセージが届くほか、3000円の支援者にはオリジナルデザインの缶バッジやクリアファイル、ステッカーなど。1万円でオリジナルグッズやVRアニメ台本、9万8000円(50人限定)でグッズや台本のほかオキュラスクエスト1台、250万円の支援者(1人限定)には高木さんの等身大フィギュアが送られる。

 小学館では、「漫画の世界を疑似体験できる次世代のVRアニメーション。西片の目線で、高木さんにからかわれてみたい、という夢を実現するためにぜひ支援を」としている。

 VRアニメは、バーチャルリアリティ技術を使ったアニメーションで、自分も物語の世界に入り込んだような体験を楽しめる。視聴する機器が普及していないため、あまり知られていないが、次世代のコンテンツとして注目されている。

関連キーワードクラウドファンディングからかい上手の高木さん小学館

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース