ヤフー、電子商取引サービス上での象牙製品の取引禁止 11月から

2019年8月31日 12:17

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ヤフーが同社の運営する電子商取引サービス上での象牙製品の取引を11月1日から禁止すると発表した(ヤフーの発表朝日新聞AFP)。

 これにより、ヤフオクやヤフーショッピングでの象牙製品の出品は行えなくなる。すでにメルカリや楽天は象牙製品の取り扱いを禁止しているが、ヤフーは「ヤフオクが違法な象牙取引の温床になっている」と批判されながらも取り扱いを続けていた。

 現在ヤフーオークションでは象牙製の彫刻品や麻雀牌などの象牙製品や茶道具、アクセサリーなどに加えて、象牙本体(一本物)など、さまざまな象牙製品が出品されている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | インターネット | IT | Yahoo!

 関連ストーリー:
GoogleやFacebook、Alibaba、BaiduなどIT企業とNGOが野生生物の違法取り引き撲滅に向けて連合 2018年03月10日
アフリカのある地域では多くの象が牙を持たずに生まれてくる 2016年12月13日
ヤフオク、違法な象牙取引の温床として批判される 2016年01月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード楽天Yahoo!メルカリヤフオク

広告

広告

写真で見るニュース

  • Disk画像の一例 (c) NASA
  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース