Windows Updateが原因 OCNで大規模な通信障害が発生

2019年8月31日 12:28

小

中

大

印刷

 8月29日の午前8時30分頃から午後7時43分まで、NTTコミュニケーションズのプロバイダーサービス「OCN」で、全国的な通信障害が発生。企業向けの「Arcstar Universal One L2ベストエフォートサービス/L3ベストエフォートサービス」にも影響を及ぼした。同社の発表によると、原因はWindows Updateによる通信量の増加・回線混雑とみられている。現在は通信障害が解消され、元通り復旧している。

【こちらも】8月のWindows UpdateでVB関係に不具合

 また、KDDIのプロバイダーサービス「インターネット・常時接続サービス」でも、同日午前9時頃から同様の障害が発生。こちらも現在は通信障害が解消され、復旧している。

 OCNとのプロバイダー契約を結んでいる会員数は、個人・企業含めて約800万件。日本でも最大の加入者数を誇るプロバイダーだ。近年は通信遅延が多発する傾向にあるといはいえ、これほど長時間にわたって通信障害が発生したのはOCNにとっても予期せぬ事態だったようだ。

 前回のWindows月例アップデートの配信日は8月14日。Windows Updateが原因だと発表したOCNの見解とは、ズレが生じている。SNS上では、マイクロソフトが「May 2019 Update」へのアップデートを一斉強行したのではという声も挙がっている。しかし、現在までにマイクロソフト側からの発表はない。

 Windows Updateが年々要求する空き容量が増加しているのは確かだ。5月に配信された「May 2019 Update」ではアップデートに際して、なんと32GB以上の空き容量が必要だった。要件が増加した理由については明らかになっていない。

 このところWindows Updateには致命的な不具合が多く発生していることもあり、アップデートに慎重を期すユーザーも増えている。勝手にアップデートされないよう「設定」で自動更新を停止するなど、今一度ユーザー側も設定を見直しておきたい。(記事:森野沙織・記事一覧を見る

関連キーワードNTTコミュニケーションズKDDIMicrosoftWindowsWindows Update

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース