ライフ RSS

 

おすすめできない副業 (10) 「個人間カーシェア」

2019年8月30日 14:08

小

中

大

印刷

 会社員の副業解禁が当たり前になってきている今、副業をそろそろ始めようと思っている人も多いだろう。そんな副業初心者の人に、これから始めるのはおすすめできない副業を紹介する本コラム。今回は、個人間カーシェアを紹介したい。

【こちらも】おすすめできない副業 (9) 「メールレディ・チャットレディ」

■個人間カーシェアとは?

 一般的にカーシェアというのは、提供会社が準備した車を会員でシェアして利用するサービスである。そこから一歩進んだ個人間カーシェアは、個人が所有する車を会員同士で貸し借りできるというサービスだ。それを利用して、所有する車を使わない時間に、他人へ貸し出すことでちょっとした収入にしている人が現れている。

■個人間カーシェア、やはりトラブルが多発している

 貸し出す側になると、利用していない自家用車がお金を稼いでくれるのはうれしい話といえる。しかし、あくまでも個人間でやり取りを行うため、トラブルが多発しているようだ。

 実際に起きている事件では、偽造した免許証を用いてサービスに登録し、高級車を借りたうえで勝手に転売するというものがある。ほかにも、小さな傷がついてしまったり車内に何かをこぼしたりしているにもかかわらず、貸主に何も報告しないケースも発生している。

 個人間カーシェアは、様々な車種を手ごろな値段で借りることができるため、少しずつ利用者を増やしてきている。しかし、まだまだ各システムの整備や利用者のマナーなどが不十分のため、問題が多いものといえる。

■初心者が副業を始める場合は、トラブルやリスクの小さいものから

 副業のメリットは、手軽に始められて手軽に終えられるところにある。本業という確かな収入があるからこそ、様々な可能性に気軽にチャレンジできるのが良い点といえるだろう。

だからこそ、やりたいものや活かしたいスキルがあまりない人が副業を始める場合は、トラブルやリスクの少ないものを選ぶのがベターといえる。その観点から考えると、個人間カーシェアはまだまだ手を出しづらい、リスクの多い副業といえるのではないだろうか。(記事:後藤遼太・記事一覧を見る

関連キーワード副業