永原・松本組と桃田が日本人初の連覇 奥原は準V バドミントン世界選手権

2019年8月26日 10:55

小

中

大

印刷

 25日、スイス・バーゼルでバドミントン世界選手権の決勝戦が行われた。

 女子ダブルス決勝は、世界ランク1位の永原和可那、松本麻佑組が同3位の福島由紀、広田彩花組に21-11、20-22、23-21で勝利し、日本人初の連覇を果たした。福島・広田組は2年連続準優勝に終わった。

永原・松本組は高い打点からの連続スマッシュなどで攻め立て第1ゲームを先取した。福島・広田組も粘りを見せ第2ゲームを奪い返し、最終ゲームも15-20から6ポイントを連取しマッチポイントを握るが、最後は永原・松本組が逃げ切って熱戦を制した。

 男子シングルス決勝は、世界ランク1位の桃田賢斗が同9位のアンダース・アントンセン(デンマーク)に21-9、21-3で完勝し、日本人男子初の連覇を果たした。桃田は序盤こそ失点を重ねるも、得意のラリー戦に持ち込むと怒涛の連続ポイントで一気に流れを変えると、そのまま最後まで相手を寄せ付けない圧勝となった。

 女子シングルス決勝は、世界ランク4位の奥原希望が同5位のプサルラ・Vシンドゥ(インド)に7-21、7-21で完敗し準優勝に終わった。奥原はプサルラの高い打点からの速い攻めに付いていけず、ミスも目立ち得意のラリー戦に持ち込めなかった。

関連キーワード桃田賢斗

広告

財経アクセスランキング