大陽日酸、ヘリウムを2~3割値上げ

2019年8月24日 18:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 大陽日酸がヘリウムの出荷価格を2~3割引き上げるという(日刊工業新聞)。

 値上げ時期は2020年初頭を目処にしているとのこと。ヘリウムの需要増や輸送費上昇、最大生産国である米国からの出荷量減少などが理由だそうだ。すでに大陽日酸は顧客に十分なヘリウムを供給できない状況となっており、値上げによって安定供給を目指すという。

 スラドのコメントを読む | 日本 | テクノロジー | ビジネス

 関連ストーリー:
JAXAなど研究機関でヘリウムの調達が困難に、大気中に捨てている産業用の回収・再生に向けた動き 2019年06月10日
あまり知られていない国内のヘリウム不足 2012年11月22日
カタール問題で国内のヘリウムが不足する可能性 2017年06月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード値上げ

広告

広告

写真で見るニュース

  • CX-30(写真:マツダ発表資料より)
  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース