YouTube、ロボットバトル動画を動物虐待として非公開に

2019年8月23日 14:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 YouTubeが、ロボットバトル大会の様子を撮影した動画を動物虐待動画だとして非公開にしたという話が報じられている(ITmediaギズモード・ジャパンEngadget JapaneseFuturism)。

 YouTubeでは人工知能技術を使った動画の自動判別が行われており、それが誤ってロボットバトル動画を動物虐待動画だと判断したようだ。

 このロボットバトルは、リモコン操作のロボットどうしを戦わせるもので、こういったイベントの主催者の一人は教育やエンジニアリングのための楽しいツールになっているとその意義を述べている。

 なお、その後YouTubeは誤判定を認め、非公開化した動画を復旧させたとのこと。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | バグ | YouTube | ロボット

 関連ストーリー:
YouTube上の子供向け番組に対する懸念の声 2018年10月25日
YouTubeの検索ボックスのオートコンプリート機能で子供に対する性的虐待ワードが表示されるという指摘 2017年12月01日
YouTube、銃の改造動画を規制へ 2017年10月13日
YouTube上の「不適切な動画」に対する広告掲載拒否を巡りまた一騒動 2017年05月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロボット人工知能(AI)YouTube

広告