YouTuberに「虚偽の通報行いアカウント凍結させる」と脅迫、金銭要求で逮捕

2019年8月23日 09:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 YouTubeでは、投稿者に対し3回の著作権侵害警告が行われるとその投稿者のチャンネルが閉鎖されるというルールがある。これを悪用し、人気配信者に対して虚偽の通報を行い、その後配信者に対して「金を払わなければ再度通報を行ってアカウントを凍結させるぞ」と脅迫した詐欺師が逮捕されたという(P2Pとかその辺のお話R)。

 容疑者は複数のYouTuberに対し脅迫を行っていたとのこと。これに対し、YouTubeが容疑者を提訴していたそうだ。

 訴状によると、容疑者は動画制作者を名乗り、YouTubeに対しDMCAに基づく通知を送付していたという。YouTubeはこれを受けて動画の取り下げを行ったが、実際にはこの通知の内容は虚偽のものであり、その後ターゲットとなったYouTuberがこれに対し遺憾の声を上げたことからYouTubeが調査に乗り出し、問題が発覚したそうだ。

 また、容疑者はYouTuberの自宅に武装警官を送り込むための虚偽の緊急通報も行っていたという。DMCAに基づく削除要請に反論を申し立てる場合、申立者の住所などの個人情報が相手側に渡される。この仕組みを悪用し、手に入れた個人情報を使って虚偽通報が行われたという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 犯罪 | 著作権 | YouTube | インターネット | IT

 関連ストーリー:
DMCAを悪用した個人情報抜き取りを狙ったと思われる虚偽の削除依頼 2019年08月14日
悪評の多い香港の通販サイト、DMCA悪用で悪評潰し 2018年06月07日
米シアトル市警、登録型のスワッティング対策サービスを開始 2018年10月07日
ネットゲームのトラブルが原因で偽の通報、無関係の人が警察に射殺される事態に 2018年01月02日
Krebs on SecurityのBrian Krebs氏、偽通報で自宅が警官隊に制圧される 2013年03月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権侵害YouTube