国際 RSS

 

米商務省、Huaweiに対する一時的な一般ライセンスを90日間延長

2019年8月21日 18:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 米商務省産業安全保障局(BIS)は19日、Huawei Technologiesの関係者46件を新たに規制対象リストであるエンティティリストへ追加したうえで、エンティティリストに載ったHuaweiおよび関係者に対する一時的な一般ライセンス(TGL)を90日間延長した(プレスリリース)。

 BISではHuaweiをエンティティリストに追加し、90日間のTGLを発行した5月以来、Huaweiとつながりのある100以上の人物または会社をエンティティリストに追加しているという。エンティティリストに追加された人物・団体へ米国のテクノロジーを販売・移転するには、個別にBISのライセンスを受ける必要がある。TGLによりHuaweiは個別のライセンスなしに輸出管理規則(EAR)で制限されない米国のテクノロジーを入手可能となっていたが、その期限は8月19日だった。

 Huaweiがエンティティリストに追加されたのは、同社が米国の経済制裁に違反したなどの疑いにより、米国の安全保障や外交政策に反する活動にかかわっていたと商務省が結論付けたことによるものだ。TGLは米国の消費者がHuawei製品から別の製品へ移行する時間を与えるために発行されたもので、BISは引き続きHuawei製品の使用中止を呼び掛けている。今回の延長により、TGLは8月19日から90日間有効となる。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | テクノロジー | スラッシュバック | 政治 | アメリカ合衆国 | 中国

 関連ストーリー:
Huaweiは米企業の製品を引き続き購入できるのか 2019年08月12日
FedEx、米輸出管理規則を同社に適用しないよう求めて米商務省などを訴える 2019年06月29日
GoogleがAndroidを米国の輸出制限から除外するよう米商務省と交渉しているとの報道 2019年06月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ安全保障ファーウェイ(Huawei)

広告