料理レシピに「味の素」で荒れるため使用禁止の雑誌も

2019年8月20日 22:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 料理研究家のリュウジ氏によると、味の素をレシピに入れると「荒れる」ため、料理雑誌では使用禁止にされていたり、料理研究家によっては絶対に使わないのだそうだ(Togetterまとめ)。

 味の素の主成分であるグルタミン酸ナトリウムは一般の食品にも多く含まれているが、嫌悪する人も少なくない(過去記事)。

 なお、味の素はさとうきびの糖蜜を発酵させてグルタミン酸を作り、それに水酸化ナトリウムを加えてグルタミン酸ナトリウムとしている(味の素の製法説明ページ)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス

 関連ストーリー:
「反グルタミン酸ナトリウム」と戦う味の素 2018年10月08日
味の素、「グルタミン酸ナトリウムは体に悪い」はフェイクニュースだとアピール 2019年04月04日
グルタミン酸からタミフル合成 2013年01月12日
おいしさそのままで塩分 1/2 の塩 2007年07月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード味の素

広告

写真で見るニュース

  • ホンダ「S2000」純正バーツ装着イメージ。(画像: ホンダアクセスの発表資料より)
  • 新型アコード。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース