フランス版シティーハンター「NICKY LARSON」、11月に日本でも公開へ

2019年8月20日 22:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 アニメ化もされた人気漫画「シティーハンター」をフランスで実写映画化した「NICKY LARSON」が日本でも公開されることが決まった。国内タイトルは「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」(ITmediaAV Watch)。

 フランスでは1980年代後半から1990年代にかけてにアニメ版シティーハンターをフランス向けにローカライズしたものが「Nicky Larson」というタイトルで放映されており、登場キャラクターの名前も主人公の「冴羽獠」は「Nicky Larson」に、相棒となる「槇村香」は「Laura Marconi」に変更されていた。

 本作で主人公の冴羽獠を演じながら監督も務めたフィリップ・ラショー氏は子供の頃アニメ版「Nicky Larson」を見て大ファンになり、本作の企画を考えたという。

 スラドのコメントを読む | 映画 | アニメ・マンガ

 関連ストーリー:
新ドメイン「.xyz」登録受付開始 2014年05月23日
原寸大「100tハンマー」が出品される 2007年03月10日
小説版ドラクエVの作者、新作ドラクエ映画でのクレジット記載などを求めて製作委員会を提訴 2019年08月03日
ジェームズ・キャメロン監督、「銃夢」を実写映画化 2004年11月24日
漫画『銃夢』キャメロン監督で映画化 2003年04月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードフランスシティーハンター

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース