防衛省VTOL戦闘機F-35B導入を正式決定、「いずも」級でも運用

2019年8月20日 12:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 防衛省が航空自衛隊でのF-35Bの導入を正式決定した(共同通信NHK産経新聞時事通信)。

 昨年末にF-35を将来的に計147機保有し、うち42機についてはF-35Bを念頭に短距離離陸・垂直着陸型とすることを閣議了解していたという話だから、日本の国防の最強最大の敵=財務省主計局が機数削減を求める事は無いと思いたい。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 軍事

 関連ストーリー:
ドイツ空軍、F-35戦闘機の調達を撤回 2019年02月08日
自衛隊の戦闘機F-15J、米国への売却が検討される 2018年12月27日
米軍などが自律動作するF-16を開発、有人のF-35と編隊を組んでのミッションも目指す 2017年04月20日
最新ステルス戦闘機「F-35」、ステルス能力が高すぎて訓練で困る 2016年08月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード防衛省自衛隊財務省航空自衛隊