エボラブルA 大幅反落、7月の取扱高は伸び鈍化基調が続く

2019年8月20日 10:30

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:30JST エボラブルA---大幅反落、7月の取扱高は伸び鈍化基調が続く
エボラブルA<6191>は大幅反落。前日に7月の月次動向を発表している。取扱高は140.6億円で前年同月比9%増、一般顧客向け取扱高は同26%増となっている。増加基調は続いているものの、4月の取扱高142%増、5月の99%増、6月の15%増と比較すると増加率は低下の方向にあり、ネガティブに捉える動きが先行のようだ。前日にかけて株価が急伸していた反動も強まる状況となっている。《US》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 一目で欲しくなるデザインのいすゞ117クーペ。©sawahajime
  • ローマン宇宙望遠鏡のイメージ。(c) NASA
  • (画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース