NY原油:続落で54.47ドル、需要減少観測は後退せず

2019年8月16日 07:33

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:33JST NY原油:続落で54.47ドル、需要減少観測は後退せず
NY原油先物9月限は続落(NYMEX原油9月限終値:54.47 ↓0.76)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日比−0.76ドルの54.47ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは53.77ドル−55.33ドル。世界経済の成長鈍化による原油需要の減少観測は後退していないことから、原油先物は伸び悩んだ。ユーロ安も売り材料となったようだ。《CS》

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース