NY原油:続伸で57.10ドル、景気先行き見通し改善で需要鈍化懸念も後退

2019年8月14日 07:34

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:34JST NY原油:続伸で57.10ドル、景気先行き見通し改善で需要鈍化懸念も後退
NY原油先物9月限は4営業日続伸(NYMEX原油9月限終値:57.10↑2.17)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日比+2.17ドルの57.10ドルで通常取引を終えた。

米国のトランプ政権が一部中国製品に対する追加関税の延期、除外を発表。貿易摩擦の深刻化を受けた景気先行き見通し悪化の影響で需要が鈍化するとの懸念も後退し、買戻しに拍車がかかった。《CS》

広告

財経アクセスランキング